前ページへ   次ページへ
7月11日−1
この日は、ボルツァーノからヴェローナ、ミラノ、キヴァッソと乗り換え、モンブランへの玄関口アオスタまで移動する日だ。
ホテルの朝食は7時からなので、7時前にはチェックアウトを済ませ、15分で食事を取り、7時31分発の列車でヴェローナに向かう。何しろ次の列車は3時間後だから忙しい。
ヴェローナで急行列車に乗り換え、ミラノ中央駅に10時55分に到着。ここで11時15分発のトリノ行きに乗り、キヴァッソで乗り換えて単線の気動車で、アオスタに14時44分に到着した。今日もほぼ時刻表通りの運行だ。
とはいっても、列車の落書きは何とかならないものだろうか。こんなに汚れていては、列車の安全性にも問題が起こると考えてしまうよ。1等車の窓ガラスの一部がスプレーで汚れているなんて・・・もう。それにミラノからの1等車は、座席がちょっと広いだけで2等車と変わらない。そのためか、席は、ガランとしている。