前ページへ   次ページへ
7月7日−2
8時58分発の急行列車サンシティーに乗車。イタリーの急行列車はすべて座席指定、その他の列車(レッジョナーレ)では、乗車券だけ発売し、乗車するときに乗車券自動刻印機へ乗車開始日をスタンプする。
今回の旅では、セキュリティの関係から鉄道はファーストクラスを使ったが、途中のヴェローナからはファーストクラスの連結がなく普通車になった。ヴェローナに10時3分に到着、ボルツァーノまでの乗り換え時間が1時間ほどあったので、有名なロメオとジュリエットの建物を見に行こうと思ったが、駅前の女学生の話ではバスで20分くらいかかるとのこと。タクシーを利用すれば何とかなりそうだが、それだけのスタミナもないし、旅程を考えるとそこまでやることもないと諦めた。
ボルツァーノ駅に13時22分に到着。イタリーでは列車の遅れは当たり前と聞いていたが、ここまでは時刻通りの運行だ。駅前のタクシーで空港へ行き、そこでレンタカーを借りることになっている。
空港にあるハーツのレンタカーオフィスは12時から14時までお昼休み。10分ほど待ってイタリー製の小型バンを借りることになった。予約ではCタイプの中型車が、スタッフの人いわく、ラッキーにもランクアップの車になったと言っている。けれど、実際見てみるとそうでもない。