前ページへ   次ページへ
7月4日−1
今回の旅は、北イタリアの山岳リゾート、ドロミテ(ドロミーティ)とイタリア側のモンブランの2箇所。それに航空機の発着地となるベニス(ヴェネツィア)を加えて、ほぼ2週間の予定とした。実はこの計画は、昨年ツェルマットのホテルからマッターホルンを眺めていたとき、横浜から来られたご夫婦から教えていただいたものだ。
北イタリアの山岳地帯は、東側にあるドロミテ山群と西側のヨーロッパアルプスといった特色のある山が多いのに、ツェルマットやシャモニーほどの人気がない。それだけゆっくりと山を楽しめるというのがご夫婦からのアドバイスだ。
計画を作るにあたっては、北イタリアの空港から鉄道と路線バスで回ることを考えたが、ドロミテの山は鉄道とバスの組み合わせではとても無理であった。パック旅行も調べてみたが、コースが一般向きでないためか割高になってしまう。
結局、ドロミテ観光はレンタカーを利用することにして、昨年この地方を車で回られたTakさんの情報を参考に鉄道の基点ボルツァーノから車でドロミテを見て歩くことになった。